指定管理者について

もりおか町家物語館は、平成26年7月28日より、盛岡市指定管理者として特定非営利活動法人いわてアートサポートセンターが管理・運営を行っています。

 

いわてアートサポートセンターとは

いわてアートサポートセンターは、県知事認可の特定非営利活動法人で、平成17年5月に発足しました。
設立の目的は、県内の芸術文化の創造と発信に関する事業及び市民協働型の芸術文化活動や芸術文化にかかる教育普及活動を行い、地域文化の形成及びコミュニティの活性化に寄与することを目的に、次の活動を実践しています。

 

①文化、芸術の振興を図る活動

②まちづくりの振興を図る事業

③社会教育の推進を図る事業

④子どもの健全育成を図る事業

 

事業展開

いわてアートサポートセンターは、地域の芸術文化を市民の力で産み育てる「アートの地産地消」を目標とし、市民の協働により次のような事業を展開しています。

 

①子どもから高齢者まで、多くの市民が芸術文化活動に参加する機会と鑑賞機会の増進を図る事業

②地域の芸術文化の創造と発信を促進する事業

③市民協働型文化施設「風のスタジオ・風のギャラリー」運営事業

④文化施設・社会教育施設等の管理運営とその運営指導・評価を行う事業

⑤地域の芸術文化の育成支援及び教育普及活動に関する事業

⑥地域間の芸術文化交流事業(国際交流を含む)

⑦地域イベント及び社会教育・コミュニティ活動促進に関する事業

⑧その他芸術文化及び地域活性化に資する事業

 

そのほか、詳しい活動内容についてはこちら【IASCサイト】(外部ページ)をご覧下さい。

 


Top