第5回 森 荘已池劇場 「生と死と」

岩手県初の直木賞作家、森 荘已池が戦後初めて
書き下ろした作品。舞台は戦後間もなくの盛岡。
物資も食べ物も少ない時代、闇市で出会った復員兵と
2人の子ども。
そこでの悪意のない行為が彼と子どもたち、そしてその母親の
運命を翻弄します。
今では読むことの出来ない名作が、朗読劇でよみがえります。

 

日 時:12月15日(土)14:00/18:00(30分前開場)
      16日(日)14:00(30分前開場)
場 所:もりおか町家物語館 浜藤ホール
入場料:一般前売1,200円 学生前売1,000円
    ※当日券300円増
主 催:盛岡市/特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター
問合せ:もりおか町家物語館
    TEL 019-654-2911
    Mail machiya@iwate-arts.jp


2018-10-28 | Posted in | Comments Closed 
Top