国重要無形民俗文化財 黒森神楽 盛岡巡行

国重要無形民俗文化財に指定されている岩手県宮古市の「黒森神楽」は、三陸の海辺を一夜の宿を乞いながら旅する神楽衆です。「黒森神楽」は340年以上、海の安全、大漁祈願、家族の安寧を祈り、三陸の人々の人生に寄り添いながら巡行の旅を続けています。巡行は旧盛岡藩の沿岸部を、宮古市山口から久慈市まで北上する「北廻り」と釜石市まで南下する「南廻り」に隔年で廻村し、近世初期からその範囲は変わっていません。当館では平成29年1月に引き続き2度目の巡行です。旧宮古街道と遠野街道が交わる鉈屋町の「もりおか町家物語館」で心揺さぶる黒森神楽の舞を是非ご堪能下さい。

 

日 時:平成31年2月2日(土)
     シットギ獅子舞込(観覧自由)11:00~
     神楽公演(有料観覧)13:00~(開場12:30)
場 所:シットギ獅子舞込 風の広場
    神楽公演 浜藤ホール
入場料:有料観覧券 前売り1,500円(当日1,800円)
    ※未就学児無料
    ※有料観覧券は完売いたしました。
問合せ:もりおか町家物語館
    TEL 019-654-2911(予約)
主 催:盛岡市、特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター


2018-11-25 | Posted in | Comments Closed 
Top