イベント報告

H26.9.6~10.13 ~北限の淡路人形遣い~鉈屋町鈴江家の錦絵展 レポート

平成26年9月6日(土)~10月13日(月・祝)に行われました「~北限の淡路人形遣い~鉈屋町鈴江家の錦絵展」は、37日間で計1106人の方にご来場いただきました。誠にありがとうございました。

 

今回の企画展では、藩政時代より盛岡の地で淡路人形の公演を行っていた淡路人形遣い・鉈屋町の鈴江家の方々が保管されていた明治時代の錦絵(浮世絵)と淡路人形「三番叟」に使われていた人形の実物を、もりおか町家物語館・母屋2階にて展示させて頂きました。

 

nishikie_repo1

 

 

nishikie_repo4 

 

度重なる転居などの奇行と大胆な構図の役者絵で知られた豊原国周や、西南戦争を題材とした作品や明治時代の洋装文化を描いた美人画で人気を博した楊洲周延、また「血まみれ芳年」とも呼ばれ独特の作風で江戸川乱歩や三島由紀夫らに愛された月岡芳年など、近代を代表する歌川派の浮世絵師の作品など、計53点の展示となりました。

 

どの絵も色彩が鮮やかで、とても100年以上経っているとは思えない程素晴らしく、まさか鉈屋町にこんなお宝が眠っていたなんて、と感動してしまう作品ばかりでした。

 

もりおか町家物語館の母屋が建てられたのと同じ明治時代の風俗が鮮やかに描かれた錦絵の数々に、どこかタイムスリップしたかのような感覚を持たれたお客様も多かったのではないでしょうか。

 

nishikie_repo3

 

 

「淡路人形」は、摂津西宮の百太夫(ひゃくだゆう)という傀儡師(かいらいし)が淡路の三條(さんじょ)村(南あわじ市市(いち)三條)に来て人形操りを伝えたことが始まりといわれています。摂津・淡路といえば、現在の兵庫県です。

 

それが、なぜはるばるこの盛岡市鉈屋町に?と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

もともと鉈屋町は、北上川の舟運を利用した商人町として栄えた町でした。そこに大きく寄与したのが、上方から移り住んできた近江商人たちだったのです。

 

また、2代盛岡藩主南部重信公は、近江出身の蒲生氏郷の妹を母にもち、上方文化を好んだ人物であったと言われています。近江と盛岡は遠く離れていますが、こうした意外な繋がりがあったのだとか。

 

そうした経緯や様々な史料から、淡路で人形繰りをしていた鈴江家が南部重信公に請われて盛岡へ移住し、鉈屋町へ居をすえたのではないかと考えられているのだそうです。

そして昭和62年、盛岡で淡路人形が発見されたことは、従来の定説を覆す大発見でした。いままで淡路人形が伝わったとされる北限は、福島県だと考えられていたからです。

 

そんな北限の淡路人形ですが、現在子孫の方々を中心に、レプリカ作成や北限の淡路人形芝居の再演企画など、様々な取り組みが進んでいます。今回の企画展でも、岩手県立大学の協力を得て淡路人形の頭部をCTでスキャンし、3Dプリンターなど最新の技術を使って作られた石膏模型を展示させて頂きました。

 

もりおか町家物語館では、これからもこうした地域の文化をみなさまに紹介していければと思っています。

ぜひまたもりおか町家物語館に足をお運び下さいませ。

 


2014-12-09 | Posted in イベント報告, ブログNo Comments » 

H26.9.6 グランドオープン記念イベント レポート

【H26.9/6(土)グランドオープン記念イベント・レポ】

 

9月6日に行われたグランドオープン記念イベントのレポートです。こちらもたくさんのお客様にお越しいただきまして、大変ありがとうございました。

また、この日は母屋の喫茶スペース「カフェDOMA」のオープン初日でもありました。こちらにも大勢のお客様がお越しくださいました。

風の広場は、朝からキッチンカーや出店、縁日コーナーなどで賑わい、また10時からは広場ステージでの催し物が行われ、たくさんの地域の皆さまが様々な演目を披露してくださいました。

 

0906-1hp

 

★トップバッターはフラダンス・ハワイアンバンドの「プア プルメリア」さんと「マウナ ハワイアンズ」の皆さん。本格的なバンド演奏をバックに、親子仲良くフラを踊られた皆さんは、お隣の消防番屋にて練習されていたとか。

 

0906-2hp

 

★お次は駄菓子まき。「小さいお子様から昔小さかった皆様まで」の掛け声には広場から笑い声が。市民クラウンのスノウさん・フロッグくんにもお手伝いいただきました。

 

0906-3hp

 

★盛岡音頭は「にこにこ倶楽部」の皆さん。お祝いの舞も舞っていただき、まさにグランドオープンにふさわしい演目をご披露いただきました。

 

0906-4hp

 

★紙芝居「髑髏鬼」はなんと原作高橋克彦さん。菊池与志和さんに読んでいただきました。「怖かったら手を上げてね」の声にさっそく手が挙がるほど、ハラハラドキドキの冒険活劇でした。

 

0906-5hp

 

★そしてこちらもフラダンスの「フイレフア カレオラニ」の皆さん。丁寧なフラの解説とハワイの島々にまつわる説明もあり、よりフラを楽しむことが出来ました。

 

0906-6hp

 

★「アルトサックスのシロー」さんは、アルトサックスに加えて歌も披露してくださいました。レパートリーも幅広く、童謡からポップス・ロックまで、多くのお客様に楽しんでいただけたかと思います。

 

0906-7hp

 

★トリを飾ったのは「ザ・ピース」の皆さん。ザ・ベンチャーズや加山雄三などのいわゆる「テケテケ」サウンドに、会場のお客様もノリノリで、ついつい踊りだす人まで!最高のトリを飾ってくださいました。

 

0906-8hp

 

★また文庫蔵2F「絵本の小部屋」では、東海林めありさんによるお話会も開催されました。町家館にピッタリ!な着物姿でのお話会でした。

当日お越しいただいた皆さん&出演いただきました皆さん、ほんとうにありがとうございました!またぜひ、当館に足をお運びいただければ幸いです(*^O^*)


2014-11-08 | Posted in イベント報告, ブログNo Comments » 

H26.9.5 浜藤ホールこけら落とし公演 レポート

【9/5(金)浜藤ホールこけら落とし公演・レポ】

先日行われた浜藤ホールこけら落とし公演は、おかげさまで満員御礼、最高のスタートを切ることが出来ました!お越しいただきました皆様、改めましてありがとうございましたm(_ _)m
当日券も即完売となり、当日お越しくださいましたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

さて、まずはトークショーのレポートです。
高橋克彦さんと内館牧子さん、お二人の軽妙なトークに、会場は終始笑いの絶えない和やかな空気でいっぱいでした。

名曲「青春時代」にまつわるあれこれや、震災のこと、故郷とは、人生とは、はたまた内館さんが岩手日報で連載中の小説「終わった人」の結末(!?)まで、ファン垂涎のトークに、あっという間に時間が過ぎてしまいました。トークの中で出た「人生の帳尻」というフレーズ。不本意な人生でも、また、「終わった人」の主人公のようなバリバリのキャリア人生でも、人生山あり谷ありと言いますが、最後には帳尻が合うような気がするのよね、と内館さんならでは、朝ドラの脚本になぞらえながら語ってくださった言葉がとても印象に残りました。

そして朗読。
中山恭誉さんによる「岩手山よ、ありがとう」「ああ…盛岡文士劇」
と伊勢二朗さんによる「さるの湯」を、長谷川恭一さんのピアノ伴奏でお送りいたしました。「岩手山よ、ありがとう」は、内館さんが来盛中に倒れられた際のお話で、人間の生命力や、文化・自然・スポーツの持つパワーがどれほど人間を勇気付け、元気を与えるか、改めて実感させられました。
次の「ああ…盛岡文士劇」は、打って変わってコミカルなお話で、盛岡文士劇の役柄をめぐるドタバタに、思わず吹き出してしまうお客様もちらほら…でした。
そして「さるの湯」。こちらは、思わずほろり、ときてしまったお客様もいらっしゃったのではないでしょうか。震災後の岩手県沿岸を舞台に、心霊写真と秘湯「さるの湯」を巡り、恐怖だけでなく、最後には鳥肌が立つような感動が待つ、素晴らしい短編でした。
役者のお二人の素晴らしい朗読とあいまって、思わず舞台に引き込まれてしまった一時間でした。三作とも、残念ながら今回観られなかった皆様にも、ぜひ、読んでみてはと進めたくなるような素晴らしい作品です。

公演後には書籍販売とサイン会も行われ、両先生と触れ合えるチャンス!があったのも、サービス精神あふれるお二人ならではでした。

 

DSC_2064hp

 

 

DSC_2043hp

 

 

DSC_2119hp


2014-11-08 | Posted in イベント報告, ブログNo Comments » 

Top